給湯器・湯沸かし器の交換・取り付け工事

給湯器の交換依頼 受付時間7:00~25:00

出張費用・見積もり費用無料

メールで給湯器を見積る

給湯器の交換に駆けつけます

壊れる前に給湯器を交換!そのメリットとは?


壊れる前に給湯器を交換する

給湯器は、お風呂に入ったりキッチンでお湯を使用するときに必要な生活には欠かせない設備です。毎日使用するので、常に正常な状態を維持することが大切ですが、給湯器も消耗品の1つです。そのため長く使えば使うほど、故障もしやすくなります。

給湯器は突然お湯が出なくなることがある!

故障の度合いは、お湯が出にくくなったと感じる程度のものから、突然お湯が出なくなる場合もあります。

ガスの供給がストップしている・地震で安全装置が働いた、というケースを除けば突然お湯が出なくなる原因として、給湯器の老朽化・寿命が多いです。そうなった時は、給湯器に書かれているメーカーへ連絡し点検を行いましょう。10年以上使用しているときは交換しかないと言われることがほとんです。

給湯器が壊れやすい「冬」にお湯が使えなくなるのは不便

1日でもお湯が使えないと不便で、お風呂は銭湯へ行ったり、洗い物も水で凌ぐことになります。夏場はまだ耐えられるかもしれませんが、冬場はどうでしょう。特に給湯器は冬に壊れやすいので、壊れる前に給湯器は交換しておくと安心です。

修理には限界がある、目安は10年

古い給湯器の故障は修理できないほど老朽化していると「交換」しか方法はありません。もし修理が出来るとしても、だいたいは使用から10年以内の機器となります。修理はRINNAI・NORITSUなどその製品メーカーに問い合わせて行いますが、メーカーには修理部品の保有期間というものが存在します。その保有期間が同型製造終了から10年となります。そのため、修理部品がなくなれば修理はできず交換するしかないのです。

また、熱交換器、制御基板といった部品は修理ができません。この部品もまた経年劣化し、10年もたっている場合はいつ故障するかわかりません。目安は10年、壊れる前に早めに本体交換を行っておくと突然故障しお湯が使えなくなるトラブルを防止できます。

新しい給湯器は熱効率が高い

古い給湯器と比べると、最新の給湯器は熱効率が良くなっているので、少しの燃料でお湯を沸かすことが可能です。同じ量の燃料を使っても馬力が高くなっているので、お風呂が沸くまでの時間を短縮することも期待できます。そして熱効率が良いことで結果的にガス代がお得になりますから、高い省エネ効果が得られることになります。

余裕をもって交換しておく

給湯器が故障してしまうと古い場合は部品はすでに廃盤になっていることもあるので、修理や交換に時間がかかってしまうことになります。夏場はシャワーで済ませられるかもしれませんが、冬に給湯器を使えないとお風呂に入ることもできないので、修理や交換に何日もかかってしまうと日常生活に支障を来してしまうことが考えられます。特に冬はメーカーも繁忙期となりますので、商品が特殊な場合はさらに日数がかかる恐れもあります。

壊れる前に余裕をもって給湯器を交換しておくと安心です!

水猿ではガス給湯器の交換、石油給湯器の交換、瞬間湯沸かし器・バランス釜も取り付けいたします。困った時はお気軽にご相談ください。


電話でご依頼・見積もる
エコジョーズについて

ページ上部へ